FC2ブログ
常陸秋蕎麦
2009/07/23(Thu)
常陸秋蕎麦に関してコメントをいただきました。
山形県産常陸秋蕎麦、宮城県産常陸秋蕎麦があるとか!?
知りませんでした!(^^)!
山形県の方が視察に・・・視察に来たというだけで実際栽培しているのでしょうか?

でも、北海道の「キタワセ」を春蕎麦として茨城で栽培している農家さんもありますね。
また、今年お客さんから教えていただき九州の大分県で常陸秋蕎麦を作っている事を知りました。
早速、仕入れ、打ってみましたが美味しい蕎麦でした。
高齢化で田畑が放棄、空いている土地の活用、地方の活性化に・・・
お蕎麦が人気がでるのは必然なのでしょうか!?

さて、山形県は有名な「出羽かおり」と「最上早生」という品種があると思います。
「最上早生」は和味でも仕入れています。(偶然明日は山形産の「最上早生」を打ちます!)
少し粒が小さく香り、甘味とも常陸秋蕎麦とはまた違った旨みがあると思います。

直接農家さんから玄蕎麦を仕入れてまだ2年少し。
地元常陸秋蕎麦を中心に北海海道の「キタワセ」・山形産の「最上早生」・長野県の「信濃1号」・
福井県の「大野産」・島根県産、大分県の「常陸秋蕎麦」等々・・・
産地により粒の大きさ、色、そして香り、甘味が違うのはもちろん、
同じ常陸秋蕎麦でも場所により、農家さんにより、乾燥の方法により、刈りとる時期により同じ蕎麦はないといっていいでしょう。
厳密に言えば、蕎麦畑の場所によっても味に違いがあります。
だから同じ農家さんから仕入れていても微妙に違う時があります。
蕎麦屋さんの中には全国の蕎麦産地を歩き、自分の目で畑、蕎麦の育ち状況を確認し仕入れていらっしゃる方がいます。
広い蕎麦畑の中の”ココ”の場所の蕎麦を!と言って仕入れていくらしいです。
私の師匠も昔は産地を回り自分の目で見て仕入れてきたそうです。

私も今年の秋は福井県か山形県の蕎麦巡りをしたいな!
生産している方と会い、蕎麦談義で盛り上がる、地元の蕎麦を食べる・・・楽しそうだな(^_-)-☆













スポンサーサイト



この記事のURL | 感じるままに | CM(3) | TB(0) | ▲ top
<<カブト虫採り | メイン | あれから1年!>>
コメント
- Re.常陸秋蕎麦 -
コシヒカリとは、少しオーバーな表現をしてしまい、反省いたします。以下はあくまでネットで知り得た物ですが、蕎麦どころでも作付けがされてきてると知り、おどろいてる次第です。

宮城では仙台市青葉区、山形では月山の麓は鶴岡市田麦俣や、羽黒地方、庄内地方で栽培されてきてると知りました。生産量はまだまだ少ないようです。仙台駅では駅蕎麦にも地元産常陸秋蕎麦使用というお店も登場。
「つれづれそば」というブログからは、宮城県黒川郡大和町で常陸秋蕎麦を自家栽培してる蕎麦店があると知りました。まだまだあるようですね。

その、月山の麓の常陸秋蕎麦、なにやら美味しそうなイメージですねぇ・・・水よし、空気よし、土壌よし・・・霧下蕎麦・・・どんどんイメージがふくらみますねぇ。

しかしです。ブランド化してきてる常陸秋蕎麦、これだけが万能・至高・究極なわけはないと思いますよ。

和味さんがおっしゃるように、各地の地域・土壌、農家の方の意気込み、品種等、日本各地で育まれた蕎麦文化と、磨かれてきた玄蕎麦があるわけで、その産地まで行かずとも、各地の逸品を味わえるなら、それに越したことはありません。そう思います。

ところでです、蕎麦の話ではないですが、栃木県塩谷町の尚仁沢(しょうじんざわ)湧水群、ここは日量6万トンという途方もなく物凄い湧き水で、川となってあふれ、夏でも冷たく(11℃とか)、一度は行かれると良いと思います。あっ既に行かれてましたか?蛇足でした。話がながくなり、すみません。

2009/07/24 19:40  | URL | syoujinzawa #-[ 編集]
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/07/25 06:00  | | #[ 編集]
- Re: Re.常陸秋蕎麦 -
様々な情報ありがとうございます。
山形県はサラリーマン時代営業担当していたので各地くまなく車で走りました。
月山の麓の常陸秋蕎麦ですか(>_<)食べてみたい!

でもやっぱり茨城のブランド!
「地元茨城で食べる常陸秋蕎麦は旨いね!」と言われたいものですね。
”もっともっと”勉強しないと!

尚仁沢湧水郡!知りませんでした!(^^)!

今度是非いらして下さい!
蕎麦の話、その他盛り上がりたいですね(^_^)v






2009/07/25 19:57  | URL | 髭のタカさん #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://kazoku34101367918.blog110.fc2.com/tb.php/104-a3927e17

| メイン |