スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
22日で三周年でした!
2009/11/24(Tue)
皆さんに支えられ、励まされ先日22日で三周年を迎えることができました。
本当にありがとうございます。

22日当日営業を終え、家族での夕食を済ませいつものように店内(といっても住まいなんですが)の掃き掃除をしていると、どこからでもなく声変わりした長男の声とかん高い元気はつらつの次男の声が聞こえてくる。
3年経ってもとりあえずここ笠間で、家族とともに楽しく暮らしている!
思わず”笑み”を浮かべた瞬間だった。
とても幸せな気持ちになった(^_-)-☆

これからも”山あり谷あり”でしょうが、お客様がここ和味にいらしてお腹も心もいっぱいになりますように・・・とこれからも妻とともにお待ちしております。
何卒、今後とも応援していただきますようよろしくお願いいたします。

そして感謝の気持ちを何か形に・・・と妻と考えました。
その結果、お蕎麦を増量する事に決めました。
生蕎麦で190g、大盛は1.5倍です。
ほんの少しですがザルに持った感じが少し多くなったようです。
大盛も少しボリュームがでたぞ(^_-)-☆って感じです。

今年の玄蕎麦仕入れ状況ですが、地元常陸秋蕎麦(深谷さんの蕎麦)と(森ファームさんのお蕎麦)・島根県東出雲産(萬波さんのお蕎麦)・山形県大蔵村産(加藤さんのお蕎麦)を私の気の向くままに仕入れ製粉し打ちま~す。
先週から島根産を打ってま~す(*^_^*)








スポンサーサイト
この記事のURL | 感じるままに | CM(1) | TB(0) | ▲ top
願いは叶う!”偶然と必然”
2009/11/11(Wed)
先日、予てから”お会いしたいな~”と願っていた事が実現した\(^o^)/
人間国宝の故松井康成氏に11年間師事し、練上手(ねりあげ)の技法を継承する陶芸家、ならびに詩画作家、エッセイスト、浄土宗僧呂、ツボ・整体療法師、益子在住の柴田宗休さんです。
IMG_0627宗休
親しみのある字体、心和む言葉、この本との出会いがきっかけです。

この日は笠間のギャラリーで陶・詩画展をやられていて、和味の定休日、たまたま通りがかり、
ご本人もたまたまいらした・・・いくつかの偶然が重なり\(^o^)/
宗休さんの事、私達の事等・・・お話をさせて頂きました。
何か記念にと作品をみていたらこの言葉に心動き、涙が溢れそうになりました。
IMG_0624宗休①
今、蕎麦打ち小屋に置き、毎朝蕎麦を打つ時にこの言葉を読み、始めるようにしています。
宗休さんはブログも開いてます!
是非覗いてみて下さい「遅咲き宗休記

この記事のURL | 感じるままに | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。